大学受験・資格・講座お得な情報

歯科衛生士の資格

歯科衛生士の資格を取るためには、歯科衛生士学校または歯科衛生士養成所で学んで卒業し、国家試験を受けなければなりません。各学校・養成所では医学としての専門知識である解剖・生理学や口腔衛生学、また虫歯予防処置等を学びます。最終学年の秋から試験対策の勉強が始まり、3月の試験に向けての国試対策がなされます。国家試験の合格率は90%以上です。


歯科衛生士は、歯科医師の指導のもとで、診療時の歯科医師の補助や歯垢・歯石をとったり歯磨きのブラッシング指導など口腔ケアの予防をしていく大切な仕事です。歯周病になる人は年齢とともに増加していくものなので、歯周病予防のスペシャリストとして期待される仕事といえるでしょう。
posted by 資格通信講座 at 00:00 | 歯科衛生士

作業療法士になるためには

作業療法士になるためにはどうしたらいいか。まずは指定の養成校に入学する必要がある。各養成校は3〜4年制。養成校で作業療法士になるために組まれたカリキュラムで学習し、卒業と同時に得られる受験資格をもってはじめて国家試験が受けられる。もちろん、国家試験に合格しないと作業療法士の資格はもらえない。試験対策がきちんとできればほぼ合格できる。


作業療法士は、体や心に障害のある人を対象としている。こういう人たちに対して、例えば食事をする、入浴するといった日常生活動作をはじめ、手工芸、絵画、陶芸、織物などを通して社会的適応能力や応用動作能力を回復させていく仕事である。意欲を持たせていくという意味では、心理的側面でのアプローチが強い職種でもある。つまり、作業療法士自身のやる気と根性も必要ということだ。
posted by 資格通信講座 at 23:45 | 作業療法士

理学療法士になるには

理学療法士になるには、指定の学校または養成施設で3年以上学び、卒業して国家試験に合格する必要があります。専門で学び受験するため、合格率は9割以上と高いです。養成校は、4年制の大学、そして3年制の短期大学と専門学校があります。


理学療法士の養成校では解剖・生理学をはじめ、リハビリテーション医学、運動学、臨床心理学等を学び、実習を通して必要な技能を身に付けていきます。最終学年では秋頃から3月の国家試験に向けての受験対策の勉強が主になります。


理学療法士は病気や事故のために不自由になった人の残っている運動機能を高めるために運動療法や物理療法などを行う専門職です。つまり、理学療法士は個人の社会復帰を手伝う仕事なので、とてもやりがいのある資格と言えます。
posted by 資格通信講座 at 20:05 | 理学療法士

作業療法士とは

作業療法士(Occupational Therapy;略名OT)とは、医師の指導のもと、日常生活を送る事が困難な体や心に障害を持つ人に対して、福祉用具を選んだり、訪問リハビリテーションを行う国家資格を持った専門家のことをいいます。


作業療法士の資格を得るためには指定の養成校を卒業して国家試験に合格しなければなりません。養成校は3〜4年制です。試験科目は8科目。筆記試験で,一般問題及び実地問題に区分されます。また作業療法士の試験は、視覚障害者に対して弱視用試験問題による受験が可能であるといった配慮がされているのが特徴です。試験は毎年3月はじめに行われます。専門的に学校で勉強、受験するため合格率は9割以上と高めです。
posted by 資格通信講座 at 19:35 | 作業療法士

カウンセラーの資格

カウンセラーとは、何らかの心の問題をかかえた人の相談を受け、それに対して適切な援助をする人のことをいいます。カウンセラーが活躍する場所は、学校や職場をはじめ、医療・社会福祉施設など様々。よってカウンセラーが活躍する場所に応じて、より専門的な知識も必要とされます。現在の日本はストレス社会。カウンセラーは今後もより多くの人から求められる資格だと思います。


カウンセラーの資格としては公的なものは今のところ、国家資格の精神保健福祉士のみで、あとは心理カウンセラー産業カウンセラー教育カウンセラーや、交流分析士音楽療法士といった民間の資格や認定となります。各民間団体の講座を受講して資格・認定を得ることができます。
posted by 資格通信講座 at 14:55 | カウンセラー 資格

精神保健福祉士国家試験について

精神保健福祉士になるための関門である国家試験。毎年1回、1月下旬の土日2日間にかけて実施されています。マークシート方式の筆記試験のみで、合格率は6割です。


精神保健福祉士の国家試験は、1日目の試験は精神保健福祉士の専門科目。2日目に実施される試験は社会福祉士国家試験の共通科目と専門科目となっています。社会福祉士の資格を持っている場合は本人の申請によって免除科目があります。


精神保健福祉士の資格取得後は、医療機関や精神障害者社会復帰施設、保健所・精神保健福祉センター他、小規模の作業所・グループホーム等で働く人が多いです。
posted by 資格通信講座 at 17:55 | 精神保健福祉士 試験

医療事務資格試験

医療事務資格があると、病院で医療費の請求である診療報酬明細書(レセプト)の作成や受付・助手業務といった仕事ができます。資格がなくてもできなくはないですが、採用する側としては資格のある人、経験のある人を取りたいと思っているので、医療事務の資格を取得する人は増えています。


医療事務資格試験は民間の資格ですが、大きく分けると、各団体が主催する「検定試験」と財団法人主催の「認定試験」の2つがあります。更にいうと、報酬請求事務能力認定試験、医療秘書技能検定、医事コンピュータ技能検定など10種類以上の資格試験があります。


医療事務資格を取得するためには、各認定団体が実施する講座を受講したり、専門のスクールに通って勉強してから試験に臨むほうが資格を取得しやすいです。
posted by 資格通信講座 at 11:55 | 医療事務資格 試験

精神保健福祉士国家試験

精神保健福祉士とは、精神保健福祉士法に基づいて、精神障害者の入院の相談や社会復帰を相談援助する人のことで、精神科ソーシャルワーカー業務の中では唯一の国家資格です。


精神保健福祉士になるためには国家試験に合格しなければなりません。試験は例年1月下旬の土日に実施されていて、筆記試験(13科目)のみです。五肢択一のマークシート方式で出題数は160問。合格率は60%程度で男女比は1:2と、女性の取得率のほうが多いです。


精神保健福祉士国家試験の受験資格は、指定の養成施設を卒業するか、または4年制の保健福祉系大学で学ぶことで得られます。学歴等に応じて実務経験が必要な場合もあります。


精神保健福祉士の試験を受ける人は同時に社会福祉士の試験を受ける人もいるようです。
posted by 資格通信講座 at 18:23 | 精神保健福祉士 試験

福祉住環境コーディネーター検定試験

福祉住環境コーディネーターは、主に高齢者や身体障害者を対象として、住環境や福祉に関して、各種の専門職の人たちと連携を取りつつアドバイスをする仕事です。そのため、福祉住環境コーディネーターには、福祉・医療・建築はもとより、高齢者や身体障害者の身体や心理についての幅広い知識が求められます。


 福祉住環境コーディネーター検定試験は、3級から1級まであり、年2回実施されています。福祉住環境コーディネーター検定試験の受験資格は特になく、だれでも受験することができます(ただし1級の受験は、2級に合格していることが条件です)。


 福祉住環境コーディネーターは、今後さらに進むであろう高齢化社会の中で、その活躍が期待されている職種の一つと言えるでしょう。
posted by 資格通信講座 at 13:55 | 福祉 住 環境 コーディネータ

管理栄養士とは

管理栄養士とは厚生労働大臣の免許を受けて、総合的な栄養管理・指導を行う職業のことをいい、栄養士よりもさらに専門性を問われる国家資格です。栄養指導ができるかできないかが栄養士と管理栄養士の大きな違いで、病院などでは管理栄養士が行なった栄養指導だと診療報酬を請求することができるます。


管理栄養士は栄養士法に定められていて、傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導、個人レベルに応じた健康保持のための栄養指導、また給食管理、施設指導など特定多数の施設での栄養管理・指導をすることが規定されています。


管理栄養士は、4年制の管理栄養士養成施設を卒業するか、2年制、3年制、4年制の栄養士養成施設を卒業して修業年数+実務経験の合計が5年以上の場合に受験資格が得られます。
posted by 資格通信講座 at 03:45 | 管理栄養士

弁理士試験

弁理士は国家資格ですので、弁理士になるためには、弁理士試験に合格する必要があります。


弁理士試験は、短答試験、論文試験、口述試験の3段階があります。まず5月に短答試験があります。短答試験においては、受験資格は特に制限はありません。試験科目は特許法等の7科目、マークシート方式60問です。競争率は2005年で3.2倍です。


弁理士試験の短答試験・合格者が、7月に論文試験を受験できます。試験科目は必須科目と選択科目があり、必須科目は論述式、選択科目は論述及び計算となってます。なお、選択科目は司法書士や行政書士の場合等、一定の要件を満たしている人は免除されます。競争率は2005年で3.78倍です。


弁理士試験の論文試験・合格者及び前年試験の口述試験不合格者(ただし一回限り)が、受験できます。試験科目は特許法+実用新案法、意匠法、商標法で、口頭試験です。合格率は2005年で96.3%となっています。


弁理士試験の最終合格率は、2005年で7.8%。合格までの平均受験回数は、2005年で3.39回となっています。しっかりと勉強して弁理士資格をゲットしたいですね。
posted by 資格通信講座 at 00:34 | 弁理士

公認会計士試験

公認会計士になるには、公認会計士試験に合格し、公認会計士としての資格を取得をしなくてはなりません。


公認会計士の短答式試験は、誰でも受けることができます。この短答式試験に合格すれば、造の後の論文試験に落ちたとしても、翌・から2・間、短答式試験が免除されます。


試験科・は、財務会計論、管理会計論等の4科・。さらに、司法試験2村試験合格村など一・の要件を満たしている人は、この4科・のうちいくつか臓あるいは全部臓が免除されます。


公認会計士論文式試験は、短答式試験の合格村臓もしくは免除村臓が受けることができます。試験科・は、会計学臓財務、管理臓、監査論、企業法、租・法、選択科・の6科・。全ての試験科・の評価が合格基準を満たしていなくても、科・免除基準を超えていれば、造の科・については2・間免除されます。


短答式と・様、一・の要件を満たしている人は、論文式試験科・6科・のうちいくつかの科・が免除されます。


この論文試験に合格して、公認会計士試験に合格したことになります。造の後、業務補助臓2・以上の実務経験臓、実務補修臓規・の単位取得臓、統一考査を経て終了。ここに至って、やっと公認会計士登録がなされることになります。
posted by 資格通信講座 at 14:55 | 公認会計士

新司法試験

資格試験の中でも最難関といわれている司法試験。司法試験は、平成18年度から新司法試験と呼ばれるものに改正されました。


旧司法試験においては誰でも受験できましたが、新司法試験では、法科大学(ロースクール)の課程を修了している者しか受験できません。


新司法試験では、さらに受験回数に制限が設けられました。ロースクール卒業後5年間に3回新司法試験に合格しなかったら、受験資格を失います。受験資格を失うと、予備試験に合格しない限り司法試験を受けられなくなります。


新司法試験では、試験日程も大幅に短縮されました。5月に短答試験と論文試験が一気に行われ、それで合否判定、旧司法試験にあった口述試験はなくなりました。さらに担当式試験の扱いも重視され、論文式試験とともに総合評価されて合否の決定がなされるようにました。


また新司法試験では、行政法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法等が試験科目に増えたため、従来のように憲法・民法・刑法を中心に勉強していればいいとはいえなくなりました。


新司法試験は、以上のように様々な点で、旧司法試験と違いがみられますので、よく確認して、「法曹三者」になるための資格取得を目指してください。
posted by 資格通信講座 at 09:55 | 司法 試験

行政書士試験

行政書士になるためには、行政書士試験に合格して、行政書士の資格を取得する必要があります。受験資格に制限はありません。


行政書士試験の試験科目は、行政書士の業務に関し必要な法令等46題、行政書士の業務に関連する14題の60題(2006年試験)。合格基準は、行政書士の業務に関し必要な法令等で50%以上、行政書士の業務に関連する一般知識等科目で40以上、全体で60%以上の得点が必要とされます。


行政書士の場合、試験に合格したから、資格をゲットしたから即独立開業、といえるものではありません。行政書士の資格をゲットしたから、書類がすぐ書けるというものでもありません。そんな数千種類もの書類があるのですから、これは無理というもの。


行政書士の相手先が官公庁というのは、実はありがたい存在。なぜならお役所にとっても書類は整ってなくてはならないもの。ですから、彼らはきけば丁寧に教えてくれるのです。遠慮なくきいてどんどん実地で覚えていく、という姿勢が一番だと思います。
posted by 資格通信講座 at 01:00 | 行政書士

司法書士試験

司法書士の資格を得るためには、司法書士試験に合格する必要があります。


司法書士試験の受験資格は特になく、誰でも受験できます。司法書士試験の筆記試験は7月に行われ、試験科目は、

(1)憲法、民法、商法及び刑法

(2)不動産登記及び商業登記に関する知識

(3)供託ならびに民事訴訟、民事執行、民事保全に関する知識

(4)その他司法書士の業務を行うのに必要な知識

となっています。試験は(1)(3)(4)については択一式のみ、(2)については、択一式及び記述式です。


司法書士試験の口述試験は、筆記試験に合格した者(及び筆記試験免除者)が受験できます。筆記試験合格した者が口述試験に不合格だった時は、翌年の筆記試験は免除されて、口述試験だけを受けることになります。口述試験は10月に行われ、試験科目は筆記試験と同じです。


司法書士試験の合格率は、毎年3%未満と大変難関な試験です。司法書士の資格を取得したい人は、効率よく勉強して試験に備えたいものですね。
posted by 資格通信講座 at 08:55 | 司法書士

高齢者向けの人気講座とは?

講座には、通信教育やeラーニング、カルチャーセンター主催のもの、オープンカレッジの公開講座等々、さまざまなものがあります。


 近年は、生涯教育・生涯学習という言葉もすっかり浸透し、高齢者の方も、積極的に学びの場を求めるようになりました。


 高齢者向けの人気講座にはどのようなものがあるでしょうか?


 公民館やオープンカレッジでは、歴史や文学の講座の人気が高いそうです。


 カルチャーセンターなどでは、講師の指導による太極拳や体操などの健康系講座も人気があります。また、通信教育では、絵画・手芸・工芸などの芸術系も定番と言えるでしょう。


 人生は一生が学びと言われます。


 定年退職して自分の時間が持てるようになった方、子育てを終えて第2の人生を歩み始めた方、――ようやく手に入れた自分の時間を大いに活用し、自分磨きのために頑張っていただきたいと思います。
posted by 資格通信講座 at 14:55 | 高齢者向け 人気 講座

人気の講座――40代〜50代編

講座には、難関の国家資格取得のためのものから、趣味的な講座――それこそ、パチンコ必勝法なる講座まで、さまざまなものがあります。


 40代〜50代の人に人気の講座にはどのようなものがあるのでしょうか?


 男性では、パソコンや語学などのビジネス関係の講座や、ガーデニングや料理といった趣味的な講座など。


 女性では、手芸や絵画、ボールペン字などの定番講座のほか、最近話題の福祉関係の講座や、色彩検定やアロマテラピー検定対策の講座などが人気です。


 40代〜50代といえば、主婦は子育てから解放され、自分のための時間が持てるようになる時期。また、仕事をしている方も、退職後の人生設計を再考する時期でもあるでしょう。


 講座は、通信教育だけでなく、大学の公開講座(オープンカレッジ)を受けたり、カルチャースクールや公民館や図書館などで開かれているものを利用するという方法もあります。

 数年前より、はるかに、生涯学習の場は広がってきていることは間違いありません。


 毎日を充実させるための、やりがいある講座を選んで、ぜひチェレンジしてみてください。
posted by 資格通信講座 at 14:55 | 40代〜50代 人気 講座

司法書士とは

司法書士とは、司法書士法に定められている国家資格です。司法書士の主な仕事は、登記申請の代理業務です。不動産の売買や不動産に抵当権を設定した場合など、不動産登記申請が必要となってきます。また、会社を設立した時は商業登記申請が必要です。司法書士は、こういった様々な登記申請の代理業務をします。


司法書士は、訴訟代理業務も行えます。ただし、法務大臣の認定のある司法書士で、簡易裁判所に限りとの限定つきです。しかし訴訟代理ができなくても、裁判所に提出する書面の作成は、司法書士でも代理作成できます。


最近では、クレジットローンなどの多重債務の問題を抱える人が増えています。そういった人たちからの相談にのるなど、司法書士は身近な法律の専門家として、活躍の場は多岐にわたります。


司法書士は、司法試験や公認会計士の試験に比べれば、難易度が落ちますが、それでも取得するには難関の資格です。


司法書士の資格を持てば、就職や独立するにも大変有利といえるでしょう。
posted by 資格通信講座 at 14:55 | 司法書士

旧司法試験と新司法試験

司法試験とは、弁護士・裁判官・検事になるための国家試験で、資格試験の中でも最高峰、最難関といわれる試験です。


司法試験は、平成18年から制度が変わり新司法試験が実施されることになりました。従来の司法試験(旧司法試験)は、平成23年まで新司法試験と並存する形で実施されます。なお、平成23年の旧司法試験は、22年の第二次筆記試験に合格した者の口述試験のみが実施されることになっています。


旧司法試験は、23年まで並存しているとはいえ、合格者の枠が定められています。これは年々減らされていき、18年度では500人となっています。17年度の合格者からみれば、これは3分の1にあたりますので、旧司法試験での合格はかなりの難関になったといえるでしょう。
posted by 資格通信講座 at 14:55 | 司法 試験

行政書士とは

行政書士とはどんな仕事をするのでしょう。行政書士とは、行政書士法に定められた国家資格(を取得した者)で、官公署に提出する書類作成・手続きのスペシャリストです。


行政に提出する書類といえば、例えば、建設業許可申請など許認可にかかる申請書類があげられます。


たかが書類、されど書類。たかが手続き、されど手続き。なかなか行政に提出する書類というのは、面倒だったり複雑だったりしている部分があります。その面倒なところを、行政書士がパイプ役になってくれるとイメージするといいでしょう。


行政書士は、行政手続きだけではなく、権利義務または事実証明に関する書類の作成もできます。売買契約書、賃貸借契約書、遺言書や定款、あるいは実地調査に基づく図面、内容証明書、商業帳簿、財務諸表、履歴書など、作成できる書類は数千種類もあります。


行政書士になるには、行政書士の資格をまず取得する必要があります。しかし資格をもっているだけでは、即、独立開業とはできない実情があるようです。弁護士や税理士等の「独占業務」となっている分野で「限界」があることと、また顧客を開拓していかねばならないという営業能力も事実上必要となってくるからです。
posted by 資格通信講座 at 14:55 | 行政書士
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。